トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

例え話を対象者に合わせて準備する

学生にスキルや知識を伝えるとき。

パーソナルの現場の話をすると、現場に出ていない学生は想像がつかない。もしくは、パーソナルになる気がない生徒は興味関心湧かない。


そこで3つ以上の例えを用意する。


1つ目は、現場でどのように役立つか。


2つ目は、一般の誰でもわかりそうなもの。


3つ目、対象者に合わせた例えを見つける。


例えば、学生へは学生生活ならではの例え、他の先生を話に登場させる。なと、、、


野球好きには野球で、酒好きには酒で、美術好きには美術品で。




類似性を発見できる主眼が求められる。