トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

ゴルフスイングで壁を作るコツ

スイングにおいてヘッドを走らせるには壁を作ることが大切。

壁を作ることで遠心力が増大するからだ。



では、どの様に壁を作るのか?

「左足で踏む」「脇を締める」「手首を返す」など頻繁に使われるアドバイス




これらは間違ってはいないが、これらを意識する前に最も意識しなければならない事。


それは「タイミング」です。

バックスイングから切り返すタイミングが早いとどんなに足や脇や手首で壁を作ってもブレが生じる。

その様な無理を続けるから障害につながる。



初心者にはまずはタイミングをつかませること。

これをトレーナーがサポートするのは脊柱を軸とする回旋運動を作ってあげること。



タイミングが早くなってしまう理由を分解してトレーニングプログラムに落とし込むこと。