トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

ライイングリバースサイドベント

下部体幹の側屈にはスタンディングのサイドベントより、リバースサイドベントが適当である。しかし、重力下では負荷が高過ぎて1レップも出来ないことがある。


そこで免荷することで負荷を下げ、正確なフォームでラップ数を増やすことが出来る。


例えばライイングで行うリバースサイドベントなら下部体幹側屈へのトルクがゼロになるので正確なフォームでラップ数を重ねることができる。