トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

バッドグリッピングを体幹トレーニングで改善

股関節の可動域制限には梨状筋が関節包内運動を阻害していることが原因になることがある。


その場合、ハムストリングなどのストレッチはあまり有効ではない。


骨盤をLPPに誘導するトレーニングが必要となる。


そこで体幹トレーニング。

骨盤の操作は股関節から関節的に行うのが簡単。しかし、この様なパターンは股関節の可動域制限を受けているので、そもそも操作しづらいので不向き。

 

体幹トレーニングならバッドグリッピングの影響を受けないので骨盤のマルアライメントをいじりやすい。


エクササイズをもう少し体系化出来ないか考える必要がありそう。