トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

肩甲下筋リリース

肩甲下筋は肩関節外旋制限を生じさせ、屈曲や外転制限へと発展する。


それがインピンジメントや四十肩などの関節障害の原因となる。




私は、肩甲下筋のリリースで肩関節水平屈曲ポジションで前鋸筋と肩甲下筋の筋間へ指を滑り込ませる様に行なっていた。


今日の収穫は、肩関節外旋水平屈曲、肩甲骨外転ポジションで肩甲下筋へダイレクトに圧を加えていく手技。


その際、上腕骨を上方へ牽引するのがコツ。


激痛を伴ったが肩の可動域は劇的に変わる。

力加減を覚えればとても使える手技かと思う。