トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

パワーリフティングでの学び

結果はともかく学びの多い会となった。



・エブリリフトは要背部に大きな負担がかかる。

・短時間で3種目をやるにはアップを省いてしまいがちだが、高重量においてアップは障害予防の側面で重要度が高い。

デッドリフト体幹前傾角度で大きく変わる。

仙骨のニューテーションに内転筋(長内転筋と大内転筋の筋間リリースが有効。

・腰部起立筋群のリリースでベンチのアーチが大きく異なる。




チャレンジには失敗がつきものだが、大きな学びがギフトとして得られると再認識。