トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

仙腸関節のフィクセーションをみる

しゃがみ込み動作は、グローバル評価なので身体評価のスクリーニングとして利用している。



おおよその見当をつけてからパーツを観るのだが股関節の動きと仙腸関節の動きを見分けるのは容易では無い。



主に仙腸関節の動きは、大腿骨をハンドルとして評価する場合が多い。

例えば、仙骨に対する腸骨の後傾をみる場合は大腿骨を徒手的に屈曲させる。

その時の手に伝わるエンドフィールの感覚で判断する事になる。



なので洗礼された手の感覚が無いと判断できない。歴の浅いトレーナーには到底難しい。


簡易的に仙腸関節のフィクセーションを観る評価方法を構築しなければ多くの人の体を変える事が出来無い。


また、新たな課題が〜〜❗️