トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

授業見学

お世話になっている専門学校で解剖学の授業を見学させていただきました。



私がトレーニング実技の授業を請け負っているクラスの解剖学の授業です。



トレーニングと解剖学は切っても切れない関係があります。



我々トレーナーと、筋トレ好きな人の違いは、解剖学に基づく科学的な背景を持ってトレーニングを語れるかどうかだと考えます。









私の考えでは解剖学なんてものは、《暗記モノ》だと考えていました。



それも今日の講義を聞いて違う認識が生まれてきました。



まず、本当の意味で暗記するとは、長期記憶にすること。

長期記憶に促すためには、細かい本質的な部分を理解しなければならない。



例えば、大胸筋の機能を肩関節の屈曲、伸展、内旋、水平屈曲と記憶したいとする。


これだけでは理解して長期記憶に促すのは難しい。


理由は、筋肉が筋繊維の集合体であること、その筋繊維1本1本が神経支配を受けていること、関節運動とは筋肉が収縮した結果として起こること。などなどを理解していないからだとわかった。







自分にとって当たり前は、人にとっても当たり前では無いことを改めて実感できた。







新人には解剖学をもっと根本的な部分から研修する必要があるなぁ。



広告を非表示にする