トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

複合ストレッチを見直す

動作改善の為のROM獲得に向け、個別ストレッチor複雑ストレッチの選択に迫られる。私は迷わず個別ストレッチを選択する。それは、何故か?癖だから。そう。そこには大きな理由がなかった。それに気付いた。解剖学を学びはじめると筋を個別で考える癖がついて…

棚卸をしよう

毎月1日はライフスタイルの棚卸をすると決めている。「最高の自分ならこれからどのように生きるか?」この質問を自分にぶつけます毎月やってるけど、とてもインパクトのある質問だ!今の自分の生活は、大体は過去の延長にある。パーソナルトレーナーとして開…

ニーズとウォンツ

ニーズとは、必要性。ウォンツとは、欲求。トレーナーがクライアントのニーズに応えるには身体的特徴を深く理解しトレーニングプログラムに反映させることが重要である。ウォンツに応えるには精神的特徴を深く理解しトレーニングプログラムに反映させること…

ハイレップスのメリット・デメリット分析

レスミルズのボディパンプマスタークラスを受けてきた。恐らく8年ぶりくらい。腕が上がらなくなるくらい追い込まれた。相変わらずのハードさだ。ボディパンプは超が付くほどのハイレップス。一部位に対して100レップスは当たり前。しかも、ほぼノーインター…

授業見学

お世話になっている専門学校で解剖学の授業を見学させていただきました。私がトレーニング実技の授業を請け負っているクラスの解剖学の授業です。トレーニングと解剖学は切っても切れない関係があります。我々トレーナーと、筋トレ好きな人の違いは、解剖学…

オニギリor柿の種

目の前のオニギリという報酬を手にしてその場の満足で将来の飢えに困る猿。今すぐには食えないが柿の種を植えて生涯食うに困らない手段を手にした蟹。猿蟹合戦が教えてくれる教訓は、目の前の報酬よりも、将来の大きな成果に気づくことの大切さ。人様に指導…

パッシブROMはファンクショナルROMではない

クライアントに胸椎の伸展を指示し動作分析を行う。そして、胸椎の伸展に対してアクティブROMが低下していた。胸椎の伸展制限に対して様々な制限因子が考え得る。それらに対して思いつくままに片っ端から手技で制限を取り除いて行った。手技による制限解除な…

学習の効率性

トレーナー研修に重要な事は、現場で活躍できるか否か。それらの決め手は基礎知識の厚みで決まると言っても過言ではない。つまり、解剖学や生理学が全ての基礎となる。専門学校では、「解剖学、生理学」→「トレーニング実技」→「トレーニング指導」の順でカ…

大内転筋腱によるⅠb抑制は可能か?

大内転筋は主に股関節の内転と外旋に対して機能する。しかし、筋繊維走行によっては股関節の伸展及び内旋にも働く。この筋繊維がディープスクワットに対する制限になると推測。そして、その筋繊維走行は腱として停止している。その腱部分に腱圧迫を加えるこ…

数年ぶりに個人Blog開設

個人Blogを開設するのは個人事業主として活動を始めた以来の8年ぶり。切っ掛けは、1人のクライアントのトレーニングノートを見せて頂いたこと。そこには、私が発したアドバイスがメモされていた。数ヶ月前に自分が言ったアドバイスだが意外と覚えていないそ…