読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

自分の弱さを認める強さ

失敗に対して「言い訳」をしても何も得られない。強いて言えば、「自分が傷付くのを軽減できる」。しかし、そんなものを求めたところで1ミリも成長出来ない。自分の失敗を受け入れる強さがあれば、何度だって再起できる。失敗が怖くなくなれば様々なことにチ…

アウトプットは最大の勉強だ

研修やセミナー、授業を行っていて感じる事。それは《アウトプットが1番勉強になる》ということ。言葉や紙に考え方を出力する。それだけで頭が整理される。例えば、喋りながら曖昧に記憶している点などに気ずくことができる。それによって自分の知識にブラッ…

エクササイズの種類は無限大

無限大は言い過ぎかも知れないがエクササイズの種類は非常に多い。大胸筋のトレーニング一つとっても200種類程度は軽くある。一つの筋肉に対してこれだけのエクササイズがあるのだから全身の300の筋肉に対してエクササイズを考えるととてつもない数字になる…

サッカー選手はなぜ足が速いのか?

足が速いとは、短距離の話。50m走などでは、陸上部よりもサッカー部の方が速い。何てことはよくある話。その理由を長年考えてきた。サッカーは競技特性として1〜30m程度を繰り返しダッシュする。自然にHIITをやっている様な状態。エネルギー機構で言えばフォ…

マクロサイクルを視覚化しよう

クライアントを別のトレーナーに引継ぐ、または、サポートチームの様に複数人で見る場合、1人のトレーナーがマクロサイクルを把握しているだけではダメだ。その理由は、複数人がそれぞれ違う趣旨で運動処方を行ってしまうことでクライアントは混乱する。また…

全面性の原則

体は全体を満遍なく鍛えなさい。という法則だ。この法則を初めのうちは軽視してきた。得意性の原則を重視したり、60分という尺の中でビッグスリーを中心に行っているとどうしてもメニューに入れずらい動きが出てくる。しかし、それらを導入することで、相反…

テストは何のため?

講師を務めている専門学校の生徒に聞かれた。「テストって何のためにやるんですか?」そこで、逆に何のためにやるのか意見を聞いてみた。「成績をつけるためですか?」まぁ、それも一理ある。大抵のテストはその為に存在している。言ってしまえば先生側の都…

内側ハムストリングとロールアップ

ロールアップが出来ない人はそう珍しくない。下部腰椎屈曲制限がある人だ。頚椎1番から腰椎5番にかけて順に屈曲することができるとロールアップは成功する、出来ない人は、胸腰移行部で屈曲がストップする。その時の腰椎は生理的な彎曲を保っている。これは…

どんなチームを目指すのか?

新スタッフも加わり、今月の全体研修は6人で迎えた。2人ともモチベーションが高く期待の新人です。同じ会社組織として働いてもらう以上はもう他人ではない。会社の仲間は家族よりも多くの時間を過ごす事になる。クライアントさんの身体、金銭など信頼がない…

ライイングフロントレイズ

機能的な体を考えた時、関節可動域はマルチに確保することが重要となる。ビッグスリーを中心にプログラム作成するとどうしても関節動作にムラができてしまう。例えば肩関節の伸展及び、肩甲骨の前傾。これを適切なバランスで引き出す種目もエクササイズバリ…

役割を意識する

人には様々な役割があり、それによって仕事内容が変わる。【トレーナー】クライアントの体を預かるので、常に専門力やサービス力を磨かなければならない。【経営者】理念、ビジョンを確立させマーケティングから専門性まで一貫性を持てるようにしなければな…

2つの信念をリンクさせよう

『その道を学ぶ者は好む者に如かず、その道を好む者は楽しむ者に如かず』『究極の自己満足は人に喜んでもらうこと』この2つはサービス業を極める上で大事な信念として心に留めてる。この2つがリンクして初めて事業として価値を高めることが出来ると思う。…

存在意義

好きでやってる仕事が故に楽しくやらせていただいている。休みがなくても全く苦にならない。むしろ休みたくないと思う。しかし、楽しい事だけではない。辛い事も当然ある。そんな時に「自分の存在意義は?」「会社の存在意義は?」これらに応えられないとな…

運動継続の意味

運動を継続的に行うことが体に良いことはみな知っている。ただ、それが具体的にどんな恩恵をもたらすかを理解している人は少ない。痩せて健康、体力がつく、肩こり腰痛が改善、快眠、ストレス発散、自己効力感の向上などなど。運動はタダの痩せるための手段…

仙腸関節と肩関節

左肩関節屈曲疼痛に対して肩甲帯への徒手アプローチで疼痛改善出来ない場面に出くわした。下肢の評価から左仙腸関節のアウトフレアが原因となっている可能性がわかった。左仙腸関節に対して手技とファシリテーションテクニックで左肩関節屈曲疼痛は改善が出…

イメージトレーニングをしよう!

過去に記憶術セミナーに参加したことがあり、イメージ連結方という手法を使うと関連性のない単語を100個なら30分程度で記憶出来るようになった。それに、一時的な記憶でなく、長期的な記憶として覚えることが出来た。※セミナー受講から3ヶ月は経っているのに…

ブログが能力アップに有効な理由

・思考の整理普段、頭であれこれ考えていても大半の事は翌日には忘れている。どんなに良いアイディアもメモしなければすぐに忘れてしまうのと同じ。文字にする事で思考が見える化される。自分が理解しているつもりでいる事も文字で書いてみると上手く書けな…

前屈から何を見るのか?

前屈が柔らかい=体が柔らかい。前屈が硬い=体が硬い。この様に勘違いされることは多い。実際は脊柱、股関節、足関節の可動域と動作を観察する総合評価である。てな事を専門学生2年生に対して講義をしてきた。今日のフィットネス業界にはなんちゃってトレー…

物件契約

1年以上探して見つけた東五反田2丁目の物件が契約できた。五反田と大崎の間で再開発が進む未来性がある土地。ここの街を我々の手で健康にしていこう!今回の物件は定期借家。定期借家という形態は流行っているのだろうか。検索してみると未納者などを追い出…

休日から何を得るのか?

ゴールデンウイークは今日だけ休暇を頂きましたしかし、昨日書いたように休んでいる暇なんて無い!ただ、家族サービスもしたい!一流は仕事とプライベートは一体化と言うがそれを踏まえると。「この休暇きら何が得られたのか?」を考える事がとても重要とな…

差がつくゴールデンウイーク

長時間労働が厳しく取り締まられてる。月の残業720時間以内とかだったかな。こんな事したら回らなくなる企業が沢山ある。美容系、飲食系、メディア系、役者など。超ブラック系は根こそぎ倒産かね?我々の業界はどうだろうか。大手フィットネスクラブは問題な…

セッションのテンポ

60分のパーソナルセッションに何を込めるのか?自分の知り得るエクササイズが1万種類はあるとして、それをクライアントに合わせながらチョイスする。「クライアントに合わせる」と一言で言っても・ニーズに合わせる。・ウォンツに合わせる。・性格に合わせる…

勉強の仕方

人体は知れば知るほど奥深く、興味深い。骨の形状、溝、穴、隆起。どこを取っても意味がある。ほんと芸術的で面白い!骨や筋肉を眺めているのは興味が尽きない。しかし、興味の追求で人体について学ぶのはナンセンス。ただの趣味となってしまう。トレーナー…

ディープスクワットのネガティヴワーク

足首の骨折もほぼ完治!半年ぶりのスクワットを再開!今日の気付きは、ディープスクワットのネガティヴワークで大臀筋が意識出来ていない点。ストレッチポジションからのポジティブワークは問題なく出来る。だが、ネガティヴワークはどうも、、、。ルーマニ…

複合ストレッチを見直す

動作改善の為のROM獲得に向け、個別ストレッチor複雑ストレッチの選択に迫られる。私は迷わず個別ストレッチを選択する。それは、何故か?癖だから。そう。そこには大きな理由がなかった。それに気付いた。解剖学を学びはじめると筋を個別で考える癖がついて…

棚卸をしよう

毎月1日はライフスタイルの棚卸をすると決めている。「最高の自分ならこれからどのように生きるか?」この質問を自分にぶつけます毎月やってるけど、とてもインパクトのある質問だ!今の自分の生活は、大体は過去の延長にある。パーソナルトレーナーとして開…

ニーズとウォンツ

ニーズとは、必要性。ウォンツとは、欲求。トレーナーがクライアントのニーズに応えるには身体的特徴を深く理解しトレーニングプログラムに反映させることが重要である。ウォンツに応えるには精神的特徴を深く理解しトレーニングプログラムに反映させること…

ハイレップスのメリット・デメリット分析

レスミルズのボディパンプマスタークラスを受けてきた。恐らく8年ぶりくらい。腕が上がらなくなるくらい追い込まれた。相変わらずのハードさだ。ボディパンプは超が付くほどのハイレップス。一部位に対して100レップスは当たり前。しかも、ほぼノーインター…

授業見学

お世話になっている専門学校で解剖学の授業を見学させていただきました。私がトレーニング実技の授業を請け負っているクラスの解剖学の授業です。トレーニングと解剖学は切っても切れない関係があります。我々トレーナーと、筋トレ好きな人の違いは、解剖学…

オニギリor柿の種

目の前のオニギリという報酬を手にしてその場の満足で将来の飢えに困る猿。今すぐには食えないが柿の種を植えて生涯食うに困らない手段を手にした蟹。猿蟹合戦が教えてくれる教訓は、目の前の報酬よりも、将来の大きな成果に気づくことの大切さ。人様に指導…

パッシブROMはファンクショナルROMではない

クライアントに胸椎の伸展を指示し動作分析を行う。そして、胸椎の伸展に対してアクティブROMが低下していた。胸椎の伸展制限に対して様々な制限因子が考え得る。それらに対して思いつくままに片っ端から手技で制限を取り除いて行った。手技による制限解除な…

学習の効率性

トレーナー研修に重要な事は、現場で活躍できるか否か。それらの決め手は基礎知識の厚みで決まると言っても過言ではない。つまり、解剖学や生理学が全ての基礎となる。専門学校では、「解剖学、生理学」→「トレーニング実技」→「トレーニング指導」の順でカ…

大内転筋腱によるⅠb抑制は可能か?

大内転筋は主に股関節の内転と外旋に対して機能する。しかし、筋繊維走行によっては股関節の伸展及び内旋にも働く。この筋繊維がディープスクワットに対する制限になると推測。そして、その筋繊維走行は腱として停止している。その腱部分に腱圧迫を加えるこ…

数年ぶりに個人Blog開設

個人Blogを開設するのは個人事業主として活動を始めた以来の8年ぶり。切っ掛けは、1人のクライアントのトレーニングノートを見せて頂いたこと。そこには、私が発したアドバイスがメモされていた。数ヶ月前に自分が言ったアドバイスだが意外と覚えていないそ…