トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

集中すると視野が狭くなるのか広くなるのか

私は今まで1つのことに集中すると視野が狭くなると認識していた。しかし、集中すると逆に視野が広くなる現象もあることがわかってきた。視野の使い方、脳の使い方、ゾーンの入り方。様々な概念の共通項があと少しで見出せそう。

行動と継続におけるノルマパラドックスの排除

何かを始めるより、何かを辞めるほうが難しい。辞めるとは習慣を変えなければならないから難しい。何かを始めるけど継続できない。意志力を使わぬ様に習慣を作らなければならないから。習慣を辞めるには「ノルマ」や「進捗確認」や「報酬」が有効。継続には…

ライイングリバースサイドベント

下部体幹の側屈にはスタンディングのサイドベントより、リバースサイドベントが適当である。しかし、重力下では負荷が高過ぎて1レップも出来ないことがある。そこで免荷することで負荷を下げ、正確なフォームでラップ数を増やすことが出来る。例えばライイン…

バク転に必要なフィジカル

バク転練習で腰が抜けそうになった。飛んだあと下半身に力が入らずガクガク。脚にジワ〜〜と嫌な熱を感じた。大きく脊柱を伸展させた影響で、腰椎が過伸展し、神経圧迫があったものと考えられる。原因はズバリ。「肩関節屈曲+脊柱伸展+股関節伸展」を同時に…

追い込みは必要か?

トレーニング用語に「追い込む」という言葉がある。これは、体力の限界までトレーニングを行うことを指す。この「追い込む」という行為は体力向上に果たして必要なのだろうか?オーバーリーチングの様に特別な戦略のもと導入する「追い込み」には体力向上の…

バッドグリッピングを体幹トレーニングで改善

股関節の可動域制限には梨状筋が関節包内運動を阻害していることが原因になることがある。その場合、ハムストリングなどのストレッチはあまり有効ではない。骨盤をLPPに誘導するトレーニングが必要となる。そこで体幹トレーニング。骨盤の操作は股関節から関…

収縮痛の原因筋肉検査

水平屈曲時に起こる肩関節の収縮痛。原因筋を調べる時、まず水平屈曲のフォースカップルを考える。主に大胸筋と三角筋。そして、それぞれの筋繊維走行を考慮した角度へ上腕を動かしてみる。収縮痛を強く感じた角度からどの筋肉かを特定する。検査は簡単だが…

全知全能などない

「自分より上」の人に全知全能を求めることがある。例えば、上司、先生、親など。そして、その上の人が全知全能でないことを知るとガッカリする。上司や親、先生と呼ばれる人も「普通の一人の人間だったんだ」と気付く。上になる人はそれらを敏感に感じ取り…

仕事を作る、仕事に就く

「トレーナーになりたい」これは職業に就くこと。「人を健康にしたい」結果、トレーナーを選択する。これが仕事を作る。仕事は作るものだと思います。

王様の剣

「王様の剣」を読んだ感想。84,000字程度の子供向けの本。勉強会の課題図書として出されたので早速読んでみた。ストーリーに全く興味がなく、嫌々読みましたがそれなりに面白く読めました。普段、読む本は実用的なビジネス書か専門書ばかりです。小説などは…

フォームは良い悪いでなく、目的で変わる

「トレーニングはフォームが大事って聞いたんです。正しいフォームを教えて下さい。」といったご要望を頂くことが頻繁にある。クライアントのイメージは《正しいフォーム=効果的で、怪我のリスクが低い》といった感じかと推測できる。しかし、トレーニング…

tension of the muscle

英語のタイトルにした意味は特に無い。さて、トレーニングプログラムは《変数》によってバリエーションが広がる。NSCAでは、「ニーズ分析」「エクササイズ種目」「エクササイズ配列」「負荷」「量(回数とセット数)」「休息時間」「トレーニング頻度」の7つ…

アウトプットしない恐怖

トレーナーとして活動してやっと10年以上経った。10年というスパンで見ると当然自分自身のレベルアップを感じる。では、「去年の自分とどこがレベルアップした?」と問われると即答できないかもしれない。それはレベルアップしていないのではなく、明確にア…

ランニングにおけるエクササイズ処方

胸板を厚くしたい時は、ベンチプレス。腹筋を割りたい時は、シットアップ。など、目的に合わせて特異的なエクササイズ種目を選択する。しかし、「マラソンを楽に怪我なく走りたい」といった場合、「このエクササイズをやりましょう」といった具体的な種目が…

真のフィードバックは痛みを伴う

「痩せました!」「痛みがなくなりました!」などの嬉しい言葉もフィードバック。そして、「痩せません!」「痛いです」などの耳が痛くなる言葉もまたフィードバック。自分に最も必要なフィードバックは耳が痛くなるようなモノだったりする。これと真摯に向…

アドバイスの数は1〜2個だが、

人は同時に複数のことを意識出来ない。なので指導の時にアドバイスは1〜2個に留めないと結果何一つ意識できずに終わる。ここで今日の気付き。自分が既に意識して行っていることに対して指導者側が「既に出来ている(無意識で出来ている)」と判断すると追加…

専門家に頼もう

何事も専門家に頼むのが1番。そうでなければ結局余分な手数料(時間やお金や精神的負担)がかかる。気をつけなければならないのは、類にした分野の人に頼んでしまう事。例えば、整形外科医に内科疾患についてアドバイスを貰う。など。同じドクターでも専門分…

社会保険の勉強

社会保険は一定条件を満たすと加入が義務付けられる。その保険料はそう安くない。そして給料から自動天引きされる。「そういうもんだから仕方ない」と片付けるにしては余りに高額。しかし、実際はちゃんと仕組みを理解している人は少ないと思われる。社会保…

エクササイズ配列

トレーニングでは「何をやるか?」がとても重要。特異的でなければ求めている効果は出ない。しかし、「どの様な順番でやるのか?」はあまり着目されていないがとても重要な要素となる。例えば、「大胸筋を鍛えたい」といった場合で考えてみる。パターン①・ベ…

オルトレキシア

健康志向が行き過ぎると何も食べれなくなる。私もトレーナー駆け出し時代には、添加物を摂取しないためにジャンクフードを食べない、ファーストフードは食べない。と言った考えを持っていました。しかし、追求すると食べる物が何もなくなります。結果、何も…

延長の提案

自分の思うようにセッションが進まない時は時間が足りなくなる。その場合、本来やりたかったことができずにおわら事も。そんな時は、タイムオーバーでやろうと思っていた事を諦めます。しかし、ここで延長の提案もありかと思いました。特にチケットが余って…

緊張すると普段の自分しか出せない

社内研修用に初回体験のロールプレイングを動画撮影しました。動画は形に残るので普段の様な喋り言葉ではなく、「一言一句間違わずに言えるか」が問われる。ですので自然と緊張感が高まる。緊張するとやろうと思ったことが出来なくなる。普段の癖がでる。今…

オリジナルエクササイズの開発方法

あるエクササイズを因数分解して、方程式を見つけ出す。その方程式を違うエクササイズにて展開させる。これでオリジナリティのあるエクササイズを開発できる。エクササイズのバリエーションは本当に無限大だ。

仕事が捗るコツ

シンプルだが効果を実感できるものとして、・1つのことだけやる、同時に色々やらない、気晴らしも小まめに入れると集中力が切れる。・完成をイメージする。やっていてテンションが上がる仕事は自然と捗ります。兎にも角にもこの2つ。

情報伝達=伝達力×理解力

情報伝達するには、「伝える側」と「受け取る側」の双方の関係が重要となる。伝える能力↑×理解力↑=高度な会話伝える能力↓×理解力↑=伝わる伝える能力↑×理解力↓=伝わる伝える能力↓×理解力↓=会話にならない結局の話、伝える側は理解する側に変わってやるこ…

質問を促すには

生徒やクライアントから質問が出るのは理解が深まっている証拠であり良い兆候である。「質問してもらう」ことを目標に置くことで理解度を高める説明が設計できる。しかし、「質問はありますか?」と聞いてもなかなか質問はあがらない。それはなぜか?簡単に…

会議での気づき

専門学校の会議でした。欠席率を下げることが最大の目標の様だ。そもそもkpiを欠席率に設定する事がどうかと思うがそこは置いておこう。欠席率を下げるために、アイデアを皆で出し合う。その中で閃いたこと。欠席する生徒の傾向をチェックリスト化してスケー…

ツァイガルニク効果を利用する

「達成した課題よりも達成できなかった課題の方が記憶に残る」ツァイガルニク効果を利用して優れたアイディアを捻出する。あえて、課題を後回しにする事でアイディアを熟成させることが出来る。レオナルドダヴィンチも最後の晩餐を描くのに15年を費やしてき…

上方回旋と大円筋

チンニングで広背筋の出力を発揮できない理由として肩甲骨の上方回旋制限がある。上肢を挙上させた時に上方回旋が出なければ肩甲骨に対して上腕骨は最大伸長位になる。仮に同じ上腕骨の位置ならば肩甲骨の回旋角度によって大円筋のストレッチが変わる。上方…

カウンセリングの目的とは?

引継ぎツール作成にあたり、年間計画表、ミクロサイクル表、データベース表などの周辺ツールを全て見直した。引継ぎツールに何を記入すべきか?根本から全て考え直す必要があったのでカウンセリングについても再考した。カウンセリングの目的は《信頼の構築…