トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

屈曲型腰痛にデッドリフト

デッドリフトで腰を痛めた。屈曲型腰痛だ。リバースクランチなどの腰椎屈曲で腰仙部に疼痛がある。ソファなどのソフトな椅子に座ると痛みが出る。あえて腰を反らせると楽。そこで腰椎を過伸展させてデッドリフトをやってみた。すると翌日腰の調子が良い。腰…

弱い、弱い、弱い

2017年10月、神無月。2018年のスケジュールを立て始めた。自分の棚卸し。自分は、何が出来る?何がしたい?生きる目的は?使命、ミッションは?今までの自分を振り返って。そして、自分の弱さを改めて感じる。不満、不安、恥じ、自信のなさは姿を変えて他人…

呼吸の重要性を再確認

「呼吸をすると右胸が痛い」「呼吸をすると肩に力が入ってしまうので苦手」と言うニーズに対して。《呼吸トレーニング》私が重きを置いている《胸椎伸展》は胸郭の影響を強く受ける。具体的には肋骨の動きが制限されると胸椎は構造上伸展できない。そこで必…

気付く人、気付かない人の違いとは?

スタッフには気付く人になってもらいたい。気付く人は自ら課題を設け、自己改善を繰り返し、自然とレベルアップしていく。しかし、そう簡単には気付く人は作れない。気付く人と気付かない人の違いを考えてみた。【問題意識があるかないか】ではないだろうか…

知っているだけじゃダメ!

①知ってる↓②出来る↓③教えられる↓④他の人より上手に教えられる↓⑤誰よりも上手に教えられる当然目指すのは⑤。最低で④。それ以外は価値はない。プロ(お金をもらう)なら必ず④か⑤だ。トレーニング指導に関して言えば、自己評価は④と⑤の間。つまり、4.5。業界に…

自分にプレッシャーをかけよう

私はテスト勉強を直前に追い込んでやるタイプだ。前もって勉強する時間があってもだ。その方が集中して勉強に取り組めるからだ。試験直前!という緊張感が集中を促してくれる。試験が1年先だと「まだ大丈夫〜〜」と考えて勉強を開始しない。仕事でもそうだ。…

伝える内容?伝える順番?伝え方?

トレーナーの仕事の1つはトレーニング指導。もし間違ったトレーニングフォームをクライアントが行なっていたら修正しなければならない。その時に、「伝える内容」を重視する?それとも「伝える順番」?はたまた「伝え方」?トレーナーの駆け出しの頃は「伝…

ソリューションの性質で優先順位が変わる

クライアントを指導していて1番やり易い人は、《自主的に取り組んでくれる人》です。そして、1番難しいのは、その逆で《自主的に取り組んでくれない人》です。では、自主的に取り組んでくれない人が悪いのか?そうではなく、自主的に取り取り組みたいと思わ…

自分の失敗を喜ぼう

なぜ失敗するのか?それは、1つレベルの高いことへチャレンジしたからだ。チャレンジなくして失敗はない。もちろん成功もない。失敗しなかった1日はチャレンジしなかった1日だ。常にチャレンジし、七転八倒で進化したい。

相手を否定せずに考えを修正する

ダイエットには糖質をただ減らせば良いと思っている人が多くいます。正しい糖質制限は、ケドーシスダイエットのことを指し、医療でも導入するレベルで安全性や効果も実証されている。しかし、一般の人はにわか知識で糖質を《ただ減らして》いる。要は、《い…

サービス力を向上するには?

サービススキル向上にはどうすれば良い?・身だしなみ?・挨拶?・言葉遣い?・笑顔?・一般常識?様々なスキルが思い浮かぶ。しかし、本質はそこには無く、本当に大切なのはスキルを扱う人間のマインドである。「このクライアントを良くしてあげたい」「こ…

肩甲下筋リリース

肩甲下筋は肩関節外旋制限を生じさせ、屈曲や外転制限へと発展する。それがインピンジメントや四十肩などの関節障害の原因となる。私は、肩甲下筋のリリースで肩関節水平屈曲ポジションで前鋸筋と肩甲下筋の筋間へ指を滑り込ませる様に行なっていた。今日の…

セッションのリズム

セッションのリズム。強弱があり、心地よい感じ。心拍数や呼吸数、体温が徐々に上がらと同時にテンションも上がる。高強度トレーニングによってエネルギーを発散して、褒めてもらえて、未来の自分にポジティブになれて、ストレッチに癒される。そんなリズム…

スタッガードセットを導入しよう

スタッガードセットとは、大筋群トレーニングのインターバル中に小筋群トレーニングを加えること。今日、新人のトレーニング指導を見ていて、キャットドックなどのダイナミックストレッチなどをスタッガードセットとしてベンチプレスのインターバル中に挟ん…

成長を感じる方法

人は自分自身の成長を感じないとモチベーションが低下するもの。しかし、自分自身の成長を感じる場面ってそんなに多くはない。成人になると年率3%しか成長しないと言われる。1年を振り返ってたったの3%では気付かなくて当然だ。それでは、どうすれば良いのか…

物と金と価値

パーソナルトレーナーは我々の仕事であり、パーソナルトレーニングが我々の商品である。そして、パーソナルトレーニングを売って、対価としてお金を頂いている。お金を頂いているのでその価値はわかりやすい。価値の尺度としてお金があるのだから、沢山のお…

上下関係

上下関係の捉え方・年齢関係・利害関係・師弟関係(部下上司、先生生徒)・親子関係・恋愛関係様々な角度から考え方が変わってくる。基本的には歳上、支払い側、上司や先生が上の立場となる。それには根本的な考え方として以下のようなものがあると考えられ…

運動による高揚感

最近、「追い込みたい」というニーズのクライアントが増えて来た気がする。数年前では聞かなかったニーズだ。『トレーニングは痩せるなどの目的のためにイヤイヤやるもの』と捉えられていたが、現在では『トレーニングで追い込む行為そのものがニーズとなっ…

パワーリフティングでの学び

結果はともかく学びの多い会となった。・エブリリフトは要背部に大きな負担がかかる。・短時間で3種目をやるにはアップを省いてしまいがちだが、高重量においてアップは障害予防の側面で重要度が高い。・デッドリフトは体幹前傾角度で大きく変わる。・仙骨の…

エネルギーのある人と会う

和歌山に出張してとてもエネルギーを感じる方を紹介していただいた。エネルギーある人は、考え方が違う。そんな自分になかった考え方に触れると新しい世界が見えてくる。自分のやるべきことや視点の狭さに気付かされる。エネルギーある人は、キラキラして見…

BBQでの学び

ダイエットBBQを通じて伝えたいことがある。・動いて食べるの健康サイクルは太らない!むしろ痩せる!・食材をダイエット仕様にしても工夫次第では楽しめる!(動く、野外、仲間とワイワイ)今回の会で誰だか伝わっただろうか?振り返り、そしてその反省を来…

スキルアップを軸とした動画配信の2つのメリット

研修には、時間が取られる。参加人数全員の時間を合わせる必要もある。スケジュールの都合で中々時間が取れない時に動画研修は使えるツールとなるのではないだろうか?試しにエクササイズ動画を撮ってLINEでシェアしてみた。そして以下のような効果を感じた…

人工知能がトレーナーに取って代われるか?

『人工知能が独自言語で会話を始めた』とニュースになったが、それを聞いて恐怖を感じる。ロボットが自ら学習して、自らの判断で行動する。そして、人間のわからない独自言語で話すとなると。もはや人間はロボットに支配されてもおかしくない!?それはさて…

デッドとスクワットから見えて来ること

デッドとスクワットの最大の違いは、肩甲帯の動員レベルだと認識していた。しかし、もう一点大きく違う点があることに気がついた。『股関節の屈曲角度』だ。デッドは比較的に股関節の屈曲が浅く、その分が肩甲帯に負荷としてかかる。スクワットはその反対で…

可動域制限と皮膚

可動域制限の因子は、関節包や筋肉だけではない。皮膚、浅筋膜がある。キネシオやSTRなどの手技も良いが、単純に皮膚の誘導だけでも一定数の効果が見られた。後は、皮膚の滑走不全を探す技術と誘導方向を見分ける技術が高まればかなり実用的となる。今後の課…

求められている能力

パーソナルで求められる能力とは?解剖学、生理学、栄養学などのトレーニングの元となる知識?ストレッチや伝えるスキル?一般のクライアントを指導していると思うのは、高度な手技や知識なんてほとんど必要ない。大事なのは『的確に励ますこと』これが最も…

他人と過去は変えられない

自分の思い通りに人は動かない。変えられるのは自分と未来。この事実、知っているだけで理解出来ていないと感じる。常に主体的に、自分自身が周りに良い影響を与えられる様に。パーソナルでも、部下の教育でも、家族や友人においても。

エキセントリックの重要性

股関節外転外旋位から股関節内転内旋しながらの復元動作において股関節に疼痛を感じるクライアント。ASISコントロールテストによって、アウトフレアで疼痛が軽減することがわかった。股関節を内転内旋させる時に過剰なインフレアを伴うことで疼痛を引き起こ…

クイズから始めると興味が高まる

「運動量=質量×距離」これを伝える動画を撮影したくて台本を考えていた。小難しいテーマは、出だしで聞き手の興味を引く必要がある。1つ思いついたのが、『クイズから始める』こと。特に、『予想外な答えだと望ましい』かと。次のうちカロリー消費が大きい…

仕事の誇り

「新宿スワン」をみた。主人公は風俗嬢のスカウトマンをやるのだが、仕事に対する姿勢が素晴らしい。風俗嬢のスカウトは、世間一般からすると良い仕事には属さないかもしれない。しかし、主人公は、紹介する女の子を幸せにする為にスカウトしている。その考…