トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

ツァイガルニク効果を利用する

「達成した課題よりも達成できなかった課題の方が記憶に残る」ツァイガルニク効果を利用して優れたアイディアを捻出する。あえて、課題を後回しにする事でアイディアを熟成させることが出来る。レオナルドダヴィンチも最後の晩餐を描くのに15年を費やしてき…

上方回旋と大円筋

チンニングで広背筋の出力を発揮できない理由として肩甲骨の上方回旋制限がある。上肢を挙上させた時に上方回旋が出なければ肩甲骨に対して上腕骨は最大伸長位になる。仮に同じ上腕骨の位置ならば肩甲骨の回旋角度によって大円筋のストレッチが変わる。上方…

カウンセリングの目的とは?

引継ぎツール作成にあたり、年間計画表、ミクロサイクル表、データベース表などの周辺ツールを全て見直した。引継ぎツールに何を記入すべきか?根本から全て考え直す必要があったのでカウンセリングについても再考した。カウンセリングの目的は《信頼の構築…

動機付けの方法

このエクササイズをやる理由を説明する事でクライアントは動機付けされる。その方法は、「何故やるのか?」「何が得られるのか?」「目標は?」ということ。特に、何故やるのか?を説明することが難しい。多くのトレーナーは「何となく」処方している。もし…

出来ないのは2つの理由がある

フォームが正しく取れないのには2つの理由がある。1、出来ていない事に気づいていない。2、わかっているけど出来ない。トレーナーが、フォローアップキューで修正をかけても全く伝わらない時は2でアプローチしている可能性が高い。その場合は1のアプローチ…

股関節屈曲と仙結節靭帯

仙結節靭帯は仙骨ニューテーションの制限因子となる。ハムストリングは二関節筋であるが仙結節靭帯から仙腸関節を介して股関節の制限に働く。rppになった仙腸関節は、梨状筋が遠心性収縮に働き、それが股関節の後方グライドを制限する。では、ハムストリング…

デメリットを伝える

ビザを食べに行った。そのお店で1番人気のBBQチキンピザを注文した。そのピザの上にはピクチーがビッシリ乗っていた。パクチー嫌いな私は食べられなかった。メニューを見てもパクチーが入っているとは表記がない。これだけで、次回この店に来たいと思う欲求…

リスクのポートフォリオ

大きな変化を起こすには、リスクを伴うチャレンジが必要。だからこそ大半はリスクを恐れてチャレンジ出来ず、変化を起こさずにいる。組織心理学者のアダム・グラントによると《起業家のような大きなリスクを犯して新しい事を始めるイノベーターは実はリスク…

社会人力とは何なのか?

トレーナーは専門職ではあるが、専門スキルだけではクライアントに指示されるトレーナーにはなれない。必要要素の1つとして、《社会人力》がある。社会人力とは、一般常識やビジネスマナーである。簡単に言えば教養というやつ。ここの強化を今年は行おう。

目標設定の極意を発見!

目標設定と言えば、smartの法則が有名。しかし、もっともっと大切なポイントをミーティングで発見した。それは、【何を捨てて(リスク)、何を得たいのか(目的)?】を明確にすること‼️これが優先順位を押し上げ、圧倒的な行動へと火付けになる。でも、これ…

トレーニングでもアライメント

評価でアライメントとムーブメントを観る。評価は、スタティックアライメントやダイナミックアライメントだけでなく。トレーニング全般で行うと良い。例えば、膝付きアブローラーでつま先が浮いてくる人は膝関節屈曲位をキープさせて大腿直筋の力発揮を高め…

今年の計画を立てよう

新年1発目の全体研修。テーマは、【計画】。「計画を立てることは能力だ!」という内容をやりました。計画とは?ゴールとは?目標とは?目的とは?そんな言葉の定義から1から見直し、全員の共通認識を深めました。この言葉の定義が為されていないと、引き継…

伝えることは、プレゼントと同じ

伝える、教える、指導することは、相手にプレゼントをすることと同じだと思う。プレゼントには、・プレゼントの中身・ラッピング・渡し方・渡すタイミング・誰が渡すか伝えるには、・内容、意味・言葉選び、構成・伝え方・伝えるタイミング・誰が伝えるかど…

こころのベクトルを相手に向

人を注意するのは簡単ではない。それは、「指摘したら嫌われるかな?」と考えてしまうから。それって『自分の為』な訳で、こころのベクトルは『自分に向いてる』ってこと。相手のためを思うからこそ嫌われる覚悟で指摘出来るんじゃない??常に与える人であ…

モチベーションを上げさせる為に自分の話をする

生徒の中には「もうダメ」「疲れた」「人生に不安しかない」といったネガティヴな発言ばかりな者も少なくない。その時にかける言葉に常に悩んでいる。「世の中の仕組みの話」「自分がパーソナルになり始めの話」「様々な体験をして視野を広げる話」など。こ…

屈曲型腰痛にデッドリフト

デッドリフトで腰を痛めた。屈曲型腰痛だ。リバースクランチなどの腰椎屈曲で腰仙部に疼痛がある。ソファなどのソフトな椅子に座ると痛みが出る。あえて腰を反らせると楽。そこで腰椎を過伸展させてデッドリフトをやってみた。すると翌日腰の調子が良い。腰…

弱い、弱い、弱い

2017年10月、神無月。2018年のスケジュールを立て始めた。自分の棚卸し。自分は、何が出来る?何がしたい?生きる目的は?使命、ミッションは?今までの自分を振り返って。そして、自分の弱さを改めて感じる。不満、不安、恥じ、自信のなさは姿を変えて他人…

呼吸の重要性を再確認

「呼吸をすると右胸が痛い」「呼吸をすると肩に力が入ってしまうので苦手」と言うニーズに対して。《呼吸トレーニング》私が重きを置いている《胸椎伸展》は胸郭の影響を強く受ける。具体的には肋骨の動きが制限されると胸椎は構造上伸展できない。そこで必…

気付く人、気付かない人の違いとは?

スタッフには気付く人になってもらいたい。気付く人は自ら課題を設け、自己改善を繰り返し、自然とレベルアップしていく。しかし、そう簡単には気付く人は作れない。気付く人と気付かない人の違いを考えてみた。【問題意識があるかないか】ではないだろうか…

知っているだけじゃダメ!

①知ってる↓②出来る↓③教えられる↓④他の人より上手に教えられる↓⑤誰よりも上手に教えられる当然目指すのは⑤。最低で④。それ以外は価値はない。プロ(お金をもらう)なら必ず④か⑤だ。トレーニング指導に関して言えば、自己評価は④と⑤の間。つまり、4.5。業界に…

自分にプレッシャーをかけよう

私はテスト勉強を直前に追い込んでやるタイプだ。前もって勉強する時間があってもだ。その方が集中して勉強に取り組めるからだ。試験直前!という緊張感が集中を促してくれる。試験が1年先だと「まだ大丈夫〜〜」と考えて勉強を開始しない。仕事でもそうだ。…

伝える内容?伝える順番?伝え方?

トレーナーの仕事の1つはトレーニング指導。もし間違ったトレーニングフォームをクライアントが行なっていたら修正しなければならない。その時に、「伝える内容」を重視する?それとも「伝える順番」?はたまた「伝え方」?トレーナーの駆け出しの頃は「伝…

ソリューションの性質で優先順位が変わる

クライアントを指導していて1番やり易い人は、《自主的に取り組んでくれる人》です。そして、1番難しいのは、その逆で《自主的に取り組んでくれない人》です。では、自主的に取り組んでくれない人が悪いのか?そうではなく、自主的に取り取り組みたいと思わ…

自分の失敗を喜ぼう

なぜ失敗するのか?それは、1つレベルの高いことへチャレンジしたからだ。チャレンジなくして失敗はない。もちろん成功もない。失敗しなかった1日はチャレンジしなかった1日だ。常にチャレンジし、七転八倒で進化したい。

相手を否定せずに考えを修正する

ダイエットには糖質をただ減らせば良いと思っている人が多くいます。正しい糖質制限は、ケドーシスダイエットのことを指し、医療でも導入するレベルで安全性や効果も実証されている。しかし、一般の人はにわか知識で糖質を《ただ減らして》いる。要は、《い…

サービス力を向上するには?

サービススキル向上にはどうすれば良い?・身だしなみ?・挨拶?・言葉遣い?・笑顔?・一般常識?様々なスキルが思い浮かぶ。しかし、本質はそこには無く、本当に大切なのはスキルを扱う人間のマインドである。「このクライアントを良くしてあげたい」「こ…

肩甲下筋リリース

肩甲下筋は肩関節外旋制限を生じさせ、屈曲や外転制限へと発展する。それがインピンジメントや四十肩などの関節障害の原因となる。私は、肩甲下筋のリリースで肩関節水平屈曲ポジションで前鋸筋と肩甲下筋の筋間へ指を滑り込ませる様に行なっていた。今日の…

セッションのリズム

セッションのリズム。強弱があり、心地よい感じ。心拍数や呼吸数、体温が徐々に上がらと同時にテンションも上がる。高強度トレーニングによってエネルギーを発散して、褒めてもらえて、未来の自分にポジティブになれて、ストレッチに癒される。そんなリズム…

スタッガードセットを導入しよう

スタッガードセットとは、大筋群トレーニングのインターバル中に小筋群トレーニングを加えること。今日、新人のトレーニング指導を見ていて、キャットドックなどのダイナミックストレッチなどをスタッガードセットとしてベンチプレスのインターバル中に挟ん…

成長を感じる方法

人は自分自身の成長を感じないとモチベーションが低下するもの。しかし、自分自身の成長を感じる場面ってそんなに多くはない。成人になると年率3%しか成長しないと言われる。1年を振り返ってたったの3%では気付かなくて当然だ。それでは、どうすれば良いのか…