トレブレ

トレーナーのあれこれ。ブレーンストーミング

予習、復習がなければパチンコ打ってたのと変わらない

例え、12時間以上働いて、10本以上のセッションをこなす毎日が続いてもそのに「予習、復習」がなければ成長はしない。「ただ、こなしているだけ」となり、パチンコを一日中打ってたのと成長率は変わらない。たくさん働くと流れ作業になりやすい。そして、沢…

関心を持たせる事の難しさ

専門学校の講義が夏休み前最後となりました。専門学校=職業訓練校の様なイメージで「現場で役立つ理論とテクニック」を説明する。しかし、生徒の反応がイマイチな時もしばしば。動機付け、関心付が圧倒的に不足しているのかと感じる。セミナーなどの講習は…

基準を上げる

ふと、基準って大事だと思った。ある人は、学校の試験が難しいと言う。ある人は、トレーナーの資格試験が難しいと言う。ある人は、フリーのトレーナーは大変だと言う。ある人は、ジム経営は大変だと言う。私から言えばどれも楽勝過ぎること。基準はそこにな…

基準を上げる

ふと、基準って大事だと思った。ある人は、学校の試験が難しいと言う。ある人は、トレーナーの資格試験が難しいと言う。ある人は、フリーのトレーナーは大変だと言う。ある人は、ジム経営は大変だと言う。私から言えばどれも楽勝過ぎること。基準はそこにな…

体調管理

いよいよ本日から五反田店がオープンする。ドタバタで新店舗の準備って大変だなぁ。と実感。意外と人には任せられない仕事が多く、結局新人は宙ぶらりんで自分だけ忙しくなる。次出すときは、権限を持った人間を育ててからにしよう。さて、こんな時なのに風…

インフレアをセルフモビで調整

腸骨インフレアの調整方法に悩んでいたが二つほど閃いた。一つは、仰向けに寝て、股関節外転屈曲ポジション。膝と足首の下にソフトギムニクを置いて転がす。強い外力をかけると筋緊張が起こり、理想の骨の動きが出せない。セルフモビは自分の脱力によって骨…

肩甲骨と骨盤のシザース動作

歩く、走る、打つ、投げる、泳ぐ、蹴る、、、などの動作は全て『肩甲骨と骨盤のシザース動作』を使用している。シザース動作とは、身体を側方から見た時に肩甲骨と骨盤が入れ違う動作の事を勝手にそう呼んでいる。本日、股関節痛を持つクライアントを担当さ…

トレーナーは教育者であるべきか

トレーナーがクライアントを「教育する」と言うと恐れ多い気もするが、その考えは持っている必要があると私は考えている。トレーナーのサービス軸はトレーニング指導です。トレーニング指導は、目的目標の為にあり、「筋肉をつける」「痩せる」などがある。…

プログラムデザイン

『良くできたプログラムデザイン』大好きな言葉です他社批判する訳ではないが、指導現場を除くとプログラムデザインをまともに行っているトレーナーなんて一握り。『メニュー作り』ってレベルで止まってる。プログラムデザインとは、『理想と現実のギャップ…

捨てる難しさ

やりたいこと、やるべきこと。山ほどある。だから全てはこなせない。その為に、「どれからやるのか?」と優先順位を考える。そして、緊急、重要の高さから選択するのだがベストな選択をできている感覚が全く得られない。きっと、本当にやらなければならない…

全ては自分次第

何度も正しいトレーニングフォームを伝えても改善されないクライアントがいた。ある日、いつもと違った説明方法を取り入れた。するとフォームが見る見る改善された‼️驚いた‼️今まであんなに言っても変わらなかったのに。。。やっぱり、自分に原因があったん…

本当に教えるべきことは、

研修でノウハウをいくら伝えても。授業でノウハウをいくら伝えても。吸収力によって結果が大きく異なることは明白。ならば、どうすれば吸収力を高めることが出来るのか?「先天的な記憶力?」いやいや、それもあるが後天的なものが大きいと信じたい。自分と…

正解を知らないと修正テクニックは無意味

修正テクニックは、理想と現実のギャップを埋める為のもの。単に、骨格をシンメトリーに揃えるだけでは意味がない。例えば、「右の骨盤がPIで、左の骨盤がAS」と触診と視診によって判断し、それを修正してドヤ顔する様な三流トレーナーにはなりたくないもの…

重心と関節運動

足圧重心の位置によって関節運動が変化する。例えば、スクワットで足の内側に重心が乗れば、必ずニーインする。それによって、st関節は回内、膝関節は外旋、股関節は内旋、仙腸関節はインフレアする。この癖が長年続けば関節の可動域制限を起こす。その制限…

本当に求めているもの

ダイエット目的の人は、「良い体になって自信をつけたい」などの裏のニーズがある。そして、「なぜ自信が欲しいのか?」と考えることが真実のニーズに近ずく為の考えである。鈴木の送別会に俺だけ多くの方が参加してくださること。その理由は「成果が出てる…

そうだ!ナッツを摂ろう!

食事を油断していると体重が66キロまで減ってしまう。70キロくらいあると体調が良いのだが保つのが楽ではない。三食ガッツリ食べないと維持できない。しかし、時間がないとついつい食事が軽食になってしまう。そこで効率よくカロリー摂取できるオイルを多用…

新たな価値観

メディアによって新たな価値観が広まることもあるんだな。テレビでクロスフィットのインストラクターが出ていたが、『ストイックでカッコいい女性』という価値観が視聴者に広まったのは間違いない。早速今日、「あんな風になりたい!」という女性クライアン…

礼の用は和を貴すと為す

感謝。それは何のためにあるのか?この言葉から学ぶ意味は多い。いつの時も感謝を忘れてはならない。それは、特に自分が一杯一杯の時ほど必要だと思う。トレーニングもキツイ時ほど良いフォーム!仕事もキツイ時ほど感謝の気持ち!

疑う必要性と信じる必要性

トレーナーの勉強をしていると様々な矛盾や誤った知識に出会う。それは、課題が人間の体という未知のテーマだから仕方がないこと。大事なのは、半分信じて、半分疑う気持ち。信じきれば疑問を持たずそれ以上知識が向上することはない。疑問を持てば更に調べ…

マネジメントとセッションの質

自分自身をマネジメント出来なければ、スケジュールは「緊急で、重要な事」で埋め尽くされてしまう。今週、1週間は特にそうだった。トレーニングも1回も出来ず、事務作業も全然進まない。寝る時間を削ると集中力、思考力の低下を起こす。それに伴いセッショ…

新時代!?

2018年12月or2019年4月天皇退位時期はこの2案の様だ。平成が終わり、新しい時代が幕開けか!?それに伴い日本、世界がどう変わるのか!?常にアンテナを立てなくては。

仙腸関節のフィクセーションをみる

しゃがみ込み動作は、グローバル評価なので身体評価のスクリーニングとして利用している。おおよその見当をつけてからパーツを観るのだが股関節の動きと仙腸関節の動きを見分けるのは容易では無い。主に仙腸関節の動きは、大腿骨をハンドルとして評価する場…

イメージと動作とアライメント

ゴルフの練習で思うのは、「間違った動作は、間違ったイメージから生まれる」ということ。そして、「歪んだアライメントは、間違った動作から生まれる」ということ。まっすぐ飛ばしたい気持ちが、縦振りを生み、縦振りがスライスを生む。そして、スライス動…

効率性よりも圧倒性

常に効率性や効果性を考えて優先順位をつけるように心掛けている。しかし、時にはそんなものも無視して、圧倒的に行動した方が良い時もある。どうせやらなきゃならない仕事なら優先順位を考えている時間が勿体無い。圧倒的に行動した方が時間を節約できる。

人にも優先順位

時間は有限であるが故に、やりたい事ややるべき事は全てこなす事は出来ない。全てを追えば、全てが中途半端になる。よって仕事でも、プライベートでも全ての事に優先順位をつける事が必要。しかし、難しいのは優先順位の付け方。優先順位は人それぞれで自分…

AIとパーソナルトレーニング

AIの知識は医者の平均知能を上回ったらしい。そして、診断の9割はAIが行えるレベルにも達している。このまま行けば医者の仕事は激減する事は間違いない。それは、もちろんパーソナルトレーニングにも言える。医者の平均知能を上回ったってことは、パーソナル…

時差bizとパーソナルの今後

東京都が時差bizたるものを実行しようとしている。通勤の時間をズラして朝の満員電車を緩和される方針みたい。一般サラリーマンの勤務時間が9〜18時と考えると、パーソナルトレーニングの予約が8時以前と19時以降が埋まりやすくなるのは当然。しかし、時差bi…

イレギュラーパターン

イレギュラーパターン。つまり、自分の知る運動連鎖のパターンからでは手に負えない問題が出てきた場合のこと。人間の体は奥深い。まだまだ知らないことだらけだ。もっと勉強しなきゃな。この無力感を忘れてはならない。行動へのエネルギーに変えて進化して…

印鑑証明書はいる??

契約の際に何かと必要な印鑑証明書。本人を確認する書類として必要となる場面が多い。印鑑カードで簡単に発行できる。ってことは、印鑑カード盗まれれば、成りすましで簡単に偽契約されてしまう。どうせならデジタルな指紋認証などを取り入れる、本人しかわ…

時間泥棒

学校の講義では30人に対して同時に教える。マンツーマンとは違い、中には私語をする者もいる。基本的に私は、遊んでいようが、話していようが、邪魔にならなければ注意しない。損するのは他でもない本人だから。しかし、集団行動において最もやってはならな…

トレーニングコーチとテクニカルコーチ

トレーナーの立ち位置はトレーニングコーチに近い。ある特定のスポーツにおいてトレーナーがテクニカルな面に口出しする事はあまりない。しかし、スポーツは体一つで大きな力を生み出すためにスキルが発達している。それらはバイオメカニクスの観点から全て…

トレーニングフォームをどの視点で見るか

トレーニング指導とは極論バイオメカニクスだ。スポーツ動作もバイオメカニクスだ。正しいフォームとは、バイオメカニクス的に決まる。この点を無視して、解剖学的な視点のみで、トレーニングフォームを語ると悪いフォームの原因を見誤ったり、一過性の修正…

トレーニング指導スキルを細分化してみる

トレーニング指導と一口に言っても様々な能力がある。フォームを教える、メリットなどの動機付けに必要要素を教える、補助やタッピングなどのファシリテーションを使ったサポート。。。数ある能力を全てを極めるのは難しく、時間がかかる。そのため、何から…

心理的状態と筋力

心理的にダメージを受けると(失恋、失業、失敗など)それは表情にでる。口角や目尻が下がり、筋肉は弛緩する。姿勢までも猫背になり、全身の筋力が低下する。筋トレをしていると今の自分がどのくらい出力出来るのかが感覚的にわかってくる。通常の筋力が10…

クイックレスポンスが一つの指標となる

連絡のレスポンスの早さは忙しさに比例する。正確に言えば《時間を大切にしているか》に比例している。 忙しい人は確かにレスポンスが遅い場合がある。しかし、本当に忙しい人はレスポンスが早い。なぜか?時間の大切さがわかっている。レスポンスが遅い人は…

自分の弱さを認める強さ

失敗に対して「言い訳」をしても何も得られない。強いて言えば、「自分が傷付くのを軽減できる」。しかし、そんなものを求めたところで1ミリも成長出来ない。自分の失敗を受け入れる強さがあれば、何度だって再起できる。失敗が怖くなくなれば様々なことにチ…

アウトプットは最大の勉強だ

研修やセミナー、授業を行っていて感じる事。それは《アウトプットが1番勉強になる》ということ。言葉や紙に考え方を出力する。それだけで頭が整理される。例えば、喋りながら曖昧に記憶している点などに気ずくことができる。それによって自分の知識にブラッ…

エクササイズの種類は無限大

無限大は言い過ぎかも知れないがエクササイズの種類は非常に多い。大胸筋のトレーニング一つとっても200種類程度は軽くある。一つの筋肉に対してこれだけのエクササイズがあるのだから全身の300の筋肉に対してエクササイズを考えるととてつもない数字になる…

サッカー選手はなぜ足が速いのか?

足が速いとは、短距離の話。50m走などでは、陸上部よりもサッカー部の方が速い。何てことはよくある話。その理由を長年考えてきた。サッカーは競技特性として1〜30m程度を繰り返しダッシュする。自然にHIITをやっている様な状態。エネルギー機構で言えばフォ…

マクロサイクルを視覚化しよう

クライアントを別のトレーナーに引継ぐ、または、サポートチームの様に複数人で見る場合、1人のトレーナーがマクロサイクルを把握しているだけではダメだ。その理由は、複数人がそれぞれ違う趣旨で運動処方を行ってしまうことでクライアントは混乱する。また…

全面性の原則

体は全体を満遍なく鍛えなさい。という法則だ。この法則を初めのうちは軽視してきた。得意性の原則を重視したり、60分という尺の中でビッグスリーを中心に行っているとどうしてもメニューに入れずらい動きが出てくる。しかし、それらを導入することで、相反…

テストは何のため?

講師を務めている専門学校の生徒に聞かれた。「テストって何のためにやるんですか?」そこで、逆に何のためにやるのか意見を聞いてみた。「成績をつけるためですか?」まぁ、それも一理ある。大抵のテストはその為に存在している。言ってしまえば先生側の都…

内側ハムストリングとロールアップ

ロールアップが出来ない人はそう珍しくない。下部腰椎屈曲制限がある人だ。頚椎1番から腰椎5番にかけて順に屈曲することができるとロールアップは成功する、出来ない人は、胸腰移行部で屈曲がストップする。その時の腰椎は生理的な彎曲を保っている。これは…

どんなチームを目指すのか?

新スタッフも加わり、今月の全体研修は6人で迎えた。2人ともモチベーションが高く期待の新人です。同じ会社組織として働いてもらう以上はもう他人ではない。会社の仲間は家族よりも多くの時間を過ごす事になる。クライアントさんの身体、金銭など信頼がない…

ライイングフロントレイズ

機能的な体を考えた時、関節可動域はマルチに確保することが重要となる。ビッグスリーを中心にプログラム作成するとどうしても関節動作にムラができてしまう。例えば肩関節の伸展及び、肩甲骨の前傾。これを適切なバランスで引き出す種目もエクササイズバリ…

役割を意識する

人には様々な役割があり、それによって仕事内容が変わる。【トレーナー】クライアントの体を預かるので、常に専門力やサービス力を磨かなければならない。【経営者】理念、ビジョンを確立させマーケティングから専門性まで一貫性を持てるようにしなければな…

2つの信念をリンクさせよう

『その道を学ぶ者は好む者に如かず、その道を好む者は楽しむ者に如かず』『究極の自己満足は人に喜んでもらうこと』この2つはサービス業を極める上で大事な信念として心に留めてる。この2つがリンクして初めて事業として価値を高めることが出来ると思う。…

存在意義

好きでやってる仕事が故に楽しくやらせていただいている。休みがなくても全く苦にならない。むしろ休みたくないと思う。しかし、楽しい事だけではない。辛い事も当然ある。そんな時に「自分の存在意義は?」「会社の存在意義は?」これらに応えられないとな…

運動継続の意味

運動を継続的に行うことが体に良いことはみな知っている。ただ、それが具体的にどんな恩恵をもたらすかを理解している人は少ない。痩せて健康、体力がつく、肩こり腰痛が改善、快眠、ストレス発散、自己効力感の向上などなど。運動はタダの痩せるための手段…

仙腸関節と肩関節

左肩関節屈曲疼痛に対して肩甲帯への徒手アプローチで疼痛改善出来ない場面に出くわした。下肢の評価から左仙腸関節のアウトフレアが原因となっている可能性がわかった。左仙腸関節に対して手技とファシリテーションテクニックで左肩関節屈曲疼痛は改善が出…